授乳の姿勢で腰に痛みが出る患者さん
(高崎市にお住まいの女性・33歳)

 

3人目のお子さんを出産してから腰に痛みが出るようになり、忍冬堂(にんとうどう)のホームページをご覧になってお電話をいただきました。

ありがとうございます。

来院当初は腰痛のほかにも首や肩のコリ、頭痛、股関節痛もあるとおっしゃっていました。

2人目のお子さんまでは出産後にどこかが痛くなるようなことはなかったのでお悩みだったとのことです。

 

お話をうかがい検査をして、何回か当院の産後の骨盤矯正で施術をして経過をみながら必要に応じて他の施術を行なうことにしました。

 

お子さんが体調を崩したり急用が入ったりで通院の間隔が開いてしまうこともありましたが時間を確保して来ていただき、頭痛はほとんどなくなり首肩、股関節も楽になってきました。

腰の痛みは快復してはいたのですがなかなかスッキリせず、特に腰の左側に痛みがありました。

何か原因があるだろうと思い改めて患者さんにお尋ねすると、「授乳の姿勢のせいかもしれません」とのこと。

授乳のときは左側を下にして横向きなることが多いそうで。腰をひねる動作や横に曲げる動作で痛みが強くなりました。

授乳の仕方も人それぞれで、あぐらをかいて股関節や膝が痛くなった人や横座りになって腰や股関節が痛くなったという人もいらっしゃいました。

 

産後骨盤矯正から身体のバランスを整えていく施術に切り替えることにして、今回2回目のご来院でした。

ホットパックで腰とお腹を温めて古武術ゆかりの施術法を行なってチェック。腰の動きは広がって動かしたときの痛みも減っていました。

肩のある部分を刺激する施術を加えてもう一度チェックすると、腰をひねったときの痛みがさらに楽になりました。

授乳の姿勢をかえることは難しいとのことで、自宅でできるセルフケアをご紹介して次回の予約をいただき今回はここまで。

 

出産という女性にしかできない大仕事ももちろん大変だと思いますが、産んでからは育て上げなければいけません。

家族や周りのサポートはあっても一般的に負担が大きいのはやはりお母さんでしょう。

忍冬堂はお母さんが元気に笑顔で育児・子育てをこなしていけるよう、施術を通してお手伝いしています。

産後の腰痛、股関節痛、ひざの痛み、ぽっこりお腹、尿漏れなどでお悩みのあなたはこちらへどうぞ。

008