肩こりから頭痛にもなった患者さん
(高崎市にお住まいの女性・37歳)

 

以前に忍冬堂(にんとうどう)に通院されていた
方のご紹介で来院されました。

ありがとうございます。

 

3人のお子さんの面倒をみながら調理師のお仕事もされ、
家事もこなしていらっしゃいます。

疲れがなかなか取れず、肩はこっているのが「普通」、
頭が痛くなることもよくあるとのことでした。

 

お忙しい中、時間を作って通院された甲斐あって
症状はだんだんと快復していき

それに伴い通院の間隔も週に2回から週に1回、
10日に1回と開けいています。

色々とお話しをしてくださるので
施術のヒントにもなって助かっています。

 

都合により予約を変更され
本日、朝いちばんのご来院でした。

昨日はお子さんの応援が重なったり
きょうだい喧嘩の仲裁をしたりなどで
てんてこ舞いだったようで

開口一番「疲れてます」と患者さん。

首から肩にかけての筋肉は
ふだん以上に固くなっていて
少し押しただけでも痛みが出ました。

肩の動きをチェックすると
可動域はまずまずでしたが
「重いです」とおっしゃいます。

このところおさまっていた頭痛も
昨夜から続いているとのこと。

 

ホットパックで首から肩とお腹を温めてから
「お腹、触りますね」とおことわりしてから
肝臓を意識してお腹に触れました。

軽~く圧迫してしばらく触れていました。

肩の動きをみると
「あれッ?挙がりやすくなってる」と
不思議そうな患者さん。

首の動きもスムーズになりました。

 

古武術ゆかりの施術法と
肩甲骨の動きをよりスムーズにする
施術を加えて、今日はここまで。

 

肩こりでお悩みの方は
たくさんいらっしゃると思います。

肩こりから頭痛になったり
吐き気がしたりする方も珍しくありません。

 

もんでもらう、シップを貼る、薬を飲む、
ひたすら我慢するなどいくつか対策はあります。

心臓などのトラブルの症状として
肩がこることもあるので注意が必要です。

 

忍冬堂は肩こりでお悩みの
患者さんの肩をもむことはめったにしません。

肩をもんでも肩こりの解決にはつながらないからです。

強くもむと、その時は「やってもらた」満足感は
あるでしょうが

ほとんどの場合は戻ってしまい
余計に「こり」が酷くなることもあります。

 

身体全体のバランスを整えて
血液やリンパ液、脳脊髄液の「めぐり」を
よりスムーズにして

肩こりや頭痛を解消していきます。

 

肩こりはしょうがない、と
諦めかけてはいるけれども
本当は諦めたくない

そんなあなたは、こちらへどうぞ。

005